モビット

モビットは学生でも借りれますか?また、借りる際の必要書類は?

意外に思うかもしれませんが、モビットのサービスに申込みをしている方に、学生であるケースが多く見られます。

 

モビットのサービスを利用する条件に、「20歳〜65歳までの安定した収入のある方」とありますので、成人に達成していれば、学生であってもお金を借りることができます。

 

ここで、同じ学生であっても、ケースによっては借りられないこともありますので、

 

・親からの仕送りだけで生活している学生
・アルバイトをしている学生
・委託の家庭教師などをしている学生
・就職が決まっているものの、アルバイトをしていない学生

 

に分けて考えてみたいと思います。

 

 

まず、親からの仕送りだけで生活をしている学生の場合は、収入がないとみなされてしまいますので、モビットの申込みはすることができません。

 

これは、両親からの仕送りを"自分の収入"と見なせない点で、専業主婦のケースと同じになります。

 

 

しかし、学生生活の傍ら、アルバイトなどを継続して行っている場合は、問題なく申込みをすることができます。

 

このときに、モビットからアルバイトの給与明細を提出するように求められることがありますので、直近2か月分の明細を用意して申込みをすると良いでしょう。

 

 

また、同じアルバイトであっても、雇用関係にないアルバイト、例えば、知人の子供の家庭教師をしているようなケースでは、収入を証明することが難しいと思います。
確定申告などを行っている学生であればいいのですが、申告していないケースでは、申込みが難しくなってしまいます。

 

このようなケースでは、申込みの前に、モビットのサイトに記載されているフリーダイヤルに問い合わせてみると良いと思います。

 

 

また、大学4年生などのケースで、就職先が決まっているものの、現在アルバイトなどを行っていないケースは、モビットへの申込みができません。

 

これは、学生に限らず「就職先が決まっている」というだけでは、申込みの基準を満たすことができません。

 

どうしてもモビットの申込みが必要なときは、アルバイトなどを最低2ヶ月間行ってから申込みをすると良いと思います。

 

 

このように、学生のケースでは、申込みができるケース・出来ないケースとありますが、主婦のケースと同じように「収入があれば申込みができる」という点がポイントになります。

 

いづれの場合も、必要となる書類は、運転免許証になりますが、収入を証明する書類の提出を求められることも考えられるので、給与明細などは捨てないようにして下さい。

 

モビットの審査シュミレーションとは

モビットの公式サイトから、匿名で簡単な審査シュミレーションを受ける事ができます。
匿名で受けられるため、申込ブラックなどの心配もなく、正直に入力してみましょう。
ほとんどの消費者金融ではこのようなシュミレーションを受ける事が出来、返済シュミレーションなどもあるため、他社と悩んでいる場合にはすべての審査シュミレーションを受けてみましょう。

 

融資限度額により金利も多少変わってくるため、完璧なシュミレーションは不可能ですが、過去の経歴が綺麗であればこのシュミレーションの信憑性は高くなりますが、この簡単入力の事項にないものも審査に関わってくるため、100%とは言えません。
たとえば過去に返済が遅れた記録があったりする場合には審査に落ちる原因になりますが、審査シュミレーションではそれが解らない為、融資可能と出る場合があります。
また、短期間に申し込みを沢山してしまっている場合にも、落ちる原因になります。
これも審査シュミレーションには反映されない為、注意が必要です。